koeikan
小学生スライダー

Elementary / Juniorコース
(小学1・2・3年生向けのコース)

コースのねらいと特色
やる気を刺激しながら、アルファベットから単語の読み書きまで習得。自分の意思や将来の夢も発表できる姿をめざします。「聞く」・「話す」の活動を中心に、「読み」・「書き」の基礎も身につけていきます。

楽しみながら着実に英語力をつけるレッスン
レッスンには、身近な学校生活を舞台にしたストーリーやゲームで、子どもたちの「言いたい」「聞きたい」「やりたい」気持ちを引き出すしかけがもりだくさん。アルファベットの大文字・小文字からスタートし、音と文字のつながりを理解し、よく知っている単語の読み書きまで、発達段階に合わせて習得していきます。

ベネッセについてくわしくはコチラ


Prepコース
(小学4・5・6年生向けのコース)

コースのねらいと特色
話せる事柄を「身のまわりのこと」から「世界のこと」にまで広げます。絵や写真を手がかりにまとまった文が読めるようになり、話せることを使って自己紹介文が書けるようになります。よりリアルなコミュニケーションに積極的に挑戦します。

「聞いて読む」「話して書く」のくり返しで伸びるレッスン
「聞く・話す」に加えて、「読む・書く」レベルもアップ。「聞いて読む」「話して書く」のくり返しで、表現力を高めます。家や学校での日常生活を舞台に学び、自分や家族、友達のことについて話せるようになります。三人称など、文のつくりを理解し、書けるようになります。

ベネッセについてくわしくはコチラ


GTEC Junior
GTEC Juniorだけの5つの特長

①英語を使って課題解決できる力を測ります!
言語知識(Language Resources)だけでなく、与えられた状況のなかで英語を使って課題解決する力(Task Handing)も測ります。
②アルファベット認識から、単語・文を読む力を測ります!
音と文字のつながりを重視、アルファベット認識、単語から文へと習得のステップをおさえた出題で、英語を読む力や問題解決できる力を測ります。
③将来を見すえた英語力を把握できます!
リスニングについては、中学生以上が受験するGTEC for STUDENTSに換算すると、中1~中3のどの学年のレベルになるかを確認できます。
④グローバル社会への積極的な態度を意識できます!
今後の世界を見すえ、子どもたちに意識してもらいたい「世界とつながる力」。グローバルな態度について問うアンケートも実施します。
⑤発達段階にあったテスト内容で、英語への意識と自信を高めます!
教育業界のリーディングカンパニー、ベネッセならではの発達段階をおさえた問題内容。子供たちの英語への意欲と自信が深まります。

GTEC スコアレポートはこちら




こども作文教室
国語力は全ての教科の基盤です。中学校数学の連立方程式の文章問題も、英語の会話文の読解力も、センター試験数学の独特な誘導形式の問題も、大学2次試験で出題される自由英作文も、国語力が大きく関わっています。そして、国語力を伸ばすためには、文章力と、コミュニケーション力。弘英館では、しっかりとした文章力を小学校のうちに身につけて欲しいとの願いから小学生限定の「こども作文教室」を開講します。
各スクール小1・2、小3・4、小5・6の3クラスで、定員は各6名。
受講料は無料です。
※入会金¥5,400(入会時のみ),年間教材費¥2,160(年に1回のみ)がかかります。
自分の考えをのびのびと書ける子どもを育てます。
県立中学校の適性検査対策にも。

※実施曜日・時間は各スクールによって異なります。
ぜひお問い合わせ下さい。

こどもけいさん教室
こども算数教室
無学年進級方式のスモールステップアップで、自分に合ったレベルからスキルアップします。「スピード、正確性、記憶」を 育てながら、集中力を高めます。計算力は、「論理的思考力を身につける基盤」です。計算の技術は数感覚が養われます。 100点の積み重ねで努力の結果が見え、「できる自信」を育てます。5年生になる前に… 今がチャンスです!

理科実験教室
私たちの身のまわりには科学で説明できることがたくさん隠れています。また、子どもたちはそこにたくさんの「なぜ」「どうして」を抱きます。その疑問を少しでも実体験を通して解決をし、世界にさらなる知的好奇心を持ってほしい - 不定期ではありますが、毎回テーマを決めて、その中で子どもたちに「教科書」の紙面上では学ぶことのできない生きた「科学」を実験を通して理解していってもらいます。

学力診断テスト
テストは「学力を診る」ためではなく「学力を伸ばす」ためだと考えています。どこでつまづいているか、どこが得意分野かを分析し、学習の指針を得ます。大学入試が全国区で行われる以上、小学生においても地方区ではなく母集団の大きい全国区のテストを用い、正確な偏差値を算出します。また、小学5・小6生は、受験型と非受験型が選択でき、受験型は私立・国立の志望校判定を行います。非受験型は公立校中~上位レベルの標準的な問題となっています。

kojin_shogaku01
公立中高一貫校 適性検査対策
県立中適性検査は、単に知識を問うだけでなく、「思考力」「分析力」「判断力」を合わせた総合的な学力が求められます。理科分野では、実験結果だけではなく、与えられた条件を「分析」し、自分の考えを論理的に「記述する力」が必要となります。これらの力は一朝一夕に身につくものではないため、時間をかけて訓練をしていくことが必要です。また、16年度入試より学校独自検査が廃止されました。より一層の適性検査対策と内申書・面接の準備が必要となっています。

英数先取り講座
英語・数学先取り講座 中学準備コース

このコースを受講した生徒は結果が出ています!
K中学校の1学期期末テストにおいて準備コースを受講していた塾生の 英語の平均点は96.5点(学校平均77点)数学は90.0点(同76点)
自信を持って学校の授業に臨み、みんな生き生きと学習を進めています。
何よりも勉強することが大好きになっています!